家を建てるンジャー

33歳で家を建てたんじゃー

私自身、33歳のときに家を購入しました。

 

その3年前くらいから家購入は検討していて、節約しながら頭金を貯めていました。

 

家を購入しようと決断した瞬間は、新聞広告に入っていたチラシの土地が格安だった時です。

 

それまでにもいろいろ下調べはすませておきました。

 

その際役に立ったサービスをランキング形式でメモしておきます。

 

1位 スーモカウンター 穴場物件、交渉術を紹介してもらえた。

 

2位 チラシ 値引きしてもらえた。

 

3位 資料請求サイト

 

土地面積50坪、約1000万円、建て床面積30坪で2300万円くらいで購入可能という物件でした。

 

その土地は、ハウスメーカさんが売り出している土地だったので、そのハウスメーカーさんへ建築も依頼しました。

 

そこからがとても忙しく、まずいろいろな契約関係がありました。

 

その後、自由設計だったので、1級建築士さんとの打ち合わせに何度か住宅メーカーさんに伺いました。

 

和室にするか洋室にするか、窓はどこに配置するか、ドアは開き戸かスライドドアか等々決めることはたくさんありました。

 

ある程度それが決まって安心していると、今度は、ハウスメーカーさんから決めることのリストが渡され、期限があってその日までには決定していかなければ、作業が進められないとのことでした。

 

窓の色が透明かうっすら色がついているのを選んだり、フローリングに色を選んだり基本的なことから始まりました。

 

その後、内装の壁紙の種類やコンセントの配置、おふろやキッチンの色や基本のプランにするかオプションにするか等も決めていきます。

 

このオプションというのが難敵で、基本の物しか知らなければ、それはそれなりに良いものに見えるのですが、オプションの物をみせられると、断然それの方がいいものなんです。

 

しかし、予算には限りがあります。

 

私達の予算の最大の値段は、3000万円まででした。

 

実質700万円のオプションが可能なわけですが、家を購入すると、その後に引越しや新しい家に見合う家具を新調したりと、出費がかさみます。

 

ですから、私達は家の価格を2700万円くらいに抑えました。

 

35年ローンで頭金を700万円くらい入れたので2000万円くらいのローンを組みました。

 

一年間の支払総額が100万円くらいに設定しました。

 

繰り上げ返済をしながら、なんとか完済したいです。

 

私達の住宅購入は大成功だったと思っています。

このページの先頭へ戻る